ホーム>スタッフブログ>2014年12月

2014年12月

大晦日によせて

大晦日によせて

今年もあと少しで終わろうとしています。
皆さまにとってこの1年はどのような年になりましたか?

タイムも皆さまに支えられて今年1年、なんとか無事に過ごすことができました。
心から感謝しております。

来年もどうぞよろしくお願いたします。


アールヌーボー

201515165941.jpg

 

20151517025.jpg

 

 皆さんご存知のアールヌーボーは英語で "NEW ART(新しい芸術)" です。 特徴は、鋭角が殆ど見られないこだわりの曲線の扱いと昆虫、爬虫類、鳥、花、女性の顔や裸身をモチーフとして具象化し素材を余り高価ではない宝石(オパール、動物の角、真珠やその母貝、トルコ石、月長石など)を丸く曲線で加工した技術的なユニークさと左右非対称にしたデザインと言う。また、濃い色を使用する場合、七宝を利用している。 代表的作家としてフーケ、ラリック(天才)、ヴェヴェール、ミーシャなどをよく知っているのではないだろうか。 アールヌーボーやその後の西洋美術史に、1854年の日本美術展、1862年のロンドン万国博で日本が出品した浮世絵などの絵画、陶磁器、漆器、刀のつば、家具、建築の技巧が強力に影響している。ゴッホ展では、ゴッホ自身の浮世絵などが見学者に驚きをもって評価をされている。

今日はクリスマスイブ

今日はクリスマスイブ

今日はクリスマスイブですね。
皆さんはどんな夜を過ごされるのでしょう^ ^

サンタクロースはクリスマスの前夜に良い子のもとへ、プレゼントを持って訪れるとされている伝説の人物。

グリーンランド国際サンタクロース協会には約120人のサンタクロースが公認されていて、うちアジアではたった1人、それがなんと日本人のサンタさんなんですって!

サンタクロースの試験には「スピーチ」や「煙突を登って部屋にプレゼントを置いてくるタイムトライアル」などがあるそうです。
サンタさんも頑張っているのですね^ ^

写真はタイムのサンタさん♪

素敵なお洋服をプライスダウンで皆さまにお届けしていますよ。

私にも届けて欲しい〜♪


貴金属素材の純度の違い

日本人は、正当性にこだわる民族である。というと仰々しく断じる様に思われるだろう。今回の素材だけでなくメードーイン・ジャパン製品でも世界においてその信用はすこぶる高い。

話を戻すと日本では、金の純度では18金(外国では一般に高級ジュエリーに使用)が多く、一般的である(最近は金価格の高騰により14金10金も増えてきたが)。

18金が一般的な国はフランス、イタリア、スペインでイギリスでは高級ジュエリーに属する。イギリス、オーストラリアの大衆ジュエリーは9金14金が一般的と聞く。アメリカはご存知の通り14金が主流で中国、香港での地金製品は、22金、23金24金が使われている(24金の細工はひどく購入後多くの日本人は使用しないようだ。こうした地金製品の純度が高いのは財産性を重視する為という)。但し、私の経験から香港、中国で24金と言われ購入した金は、24金もあるが多くの純朴な日本人は20金、良くて22金を買わされているので注意が必要だ。

この様に各国で、金の純度は異なる。従って、18金で欲しい方は自信のある方以外、信用のある店で刻印など確認して購入することをお薦めします。

20141218174126.jpg

画像と本文は関係ありません

 

英国製のシルバーチャーム

英国製のシルバーチャーム

元来、「魔除け」「お守り」といった意味合いを持つ英国のチャームは「幸運」を象徴するラッキーアイテムです。

英国ではお気に入りのチャームを家族や親しい友人にプレゼントしたり、記念日ごとにコレクションする習慣があります。

当店には、「バケツ猫」「エンジェル ベル」「ブルーベル」など、かわいい35種類のチャームが揃っています。

いろいろなチャームの意味を組み合わせて自分だけのアクセサリーを作ったり、大切な方へ、ブレスレットやネックレスに仕上げて贈りませんか♪

DM できました♡

DM できました♡

やっとDMができました。
早く出さないと間に合わな〜い^^;
ほんとにあれもこれもする事がいっぱい。
だから師も走るで師走って言うのですね。

こっちは師どころか、できそこないの生徒みたいなものですから、全力ダッシュです^^;

皆さまのお越しを酸素補給しながら、心よりお待ちしております♪

クリスマスセールが始まります♡

クリスマスセールが始まります♡

今年ももうあと3週間
で終わりです。
そしてその前にはお待ちかねのセールが!
今回のセールはスペシャルサービスもありますので楽しみにしていて下さいね!

というわけで仕入れに行ってきました♪
あれもこれも欲しい、と
欲張りな私は思ってしまいますが、そこは予算と相談しなくては…^^;

良いものを安く!…と、これから値付けです。
お客様に感謝を込めて、頑張ります!


ストールでお洒落を

ストールでお洒落を

最近、肌がカサカサしできた、痒くなってきた
、ということはありませんか?

12月は1年中で一番乾燥している月だそうです>_<
だからお肌の弱い方は特に要注意ですよ。

そこでおすすめなのがこのシルク100%起毛ストール♪

直接肌に触れてもチクチクしたり痒くなったりしません。
首に巻いてもコンパクトにまとまるので、コートの下でもゴロゴロせずデイリーに活躍すること間違いなし!

暖かく高級感のあるこんな シルクストールで寒い冬を乗り切りましょう^^

あと、シルクガーゼ二枚重ねの大判ストールや、首から肩を守るシルクホットネックタートルも、入荷しています♪


素材 : 100%シルク
価格 : \5,000 +税



カメオ

カメオは、デザインとなる絵の部分を上に掘り出す手法をカメオという(逆に台の下に彫下げたものをインタリオと呼ぶ)。

一般には素材としてピンク貝と呼ばれる南洋産の大きな貝と縞メノウを多く使用する。水平に上から彫るとこれらの素材は深さにより色彩の層が白や他の色に変化し立体感を持った作品が出来上がる。

カメオの技術はアレキサンダー大王時代のギリシャに始まるといわれる。

よく作者名が入ったものが良いとされるが、弟子たちも師匠の名入れをしているので一概にはいえない。紙面の関係で貝製の良いものをいえば私の経験では

     貝の色も肌色と白色が濃くしっかり対比している

     立体感(凹凸のある)が美しい作品

     髪の毛一本でも丁寧に

     カメオ全体に力強く流れがあり上品な仕上がり

     周りのフレームは飾り(ダイヤ、真珠などを使用した)や彫のある貴金属

     名入れがある

作品が良いと思う。

因みに、現代ではイタリー製は貝カメオが多く、ドイツ製は石メノウカメオが多いといわれている。

ゆるっとロング

ゆるっとロング

カーディガンというと、私はなぜか大人っぽく知的なイメージがあるのですが、皆さんはいかがですか^^

今季は「ゆるっとロング♡」なカーディガンが絶対おすすめ!

シンプルなインナーに羽織って上品コーディに、カジュアルなインナーに合わせも大人っぽく着こなせるのでとても便利アイテムです。

写真はローゲージのロングカーディガン。サイズもフリーでたっぷりめです。
上がレッド、下がネイビーの色違いもあります。

webショップからもご購入頂けます♪






ページ上部へ